写真提供:JAXAおよびRSC


SJR 最新号(2016年, No.93, Summer号(日本語版))発行しました。

特別記事では2016年5月6日に米国ケープカナベラル空軍基地から打ち上げられたJCSAT-14号を取り上げました。臨場感溢れる衛星打ち上げの舞台裏を紹介しています。
中山勝矢先生による連載「つれづれエッセイ」の第2回「夢の裏に隠れた災いを見抜く」を、本誌特別編集顧問の北爪進氏による連載「衛星余話:通信衛星搭載機器の開発担当を経験した立場からの所見」のその2をお送りします。Book Reviewはスコット・パタースン著 "ウォール街のアルゴリズム戦争 "を飯田尚志顧問が取り上げました。Education Cornerは首都大学東京大学院修士の城戸彩乃さんによる「日本の宇宙産業が、世界を牽引する未来に向けて」です。お楽しみください。

【これまで発行された記事全体の目次】
No. 16からNo.69までの記事全体の目次はここからご覧になれます。 [→全体目次へ]

【バックナンバー】
また下記より、以前の各号もご覧になれます。
<2016年>
Spring号(No.92)
Winter号(No.91)
<2015年>
10/11/12/01月号(No.90)
6/7/8/9月号(No.89)
2/3/4/5月号(No.88)
<2014年>
10/11/12/1月号(No.87)
6/7/8/9月号(No.86)
2/3/4/5月号(No.85)
<2013年>
10/11/12/1月号(No.84)
6/7/8/9月号(No.83)
2/3/4/5月号(No.82)
<2012年>
10/11/12/01月号(No.81)
6/7/8/9月号(No.80)
4月/5月号 (No.79)
2月/3月号 (No.78)
<2011年>
12月/1月号 (No.77)
10月/11月号 (No.76)
8月/9月号 (No.75)
6月/7月号 (No.74)
4月/5月号 (No.73)
2月/3月号 (No.72)
<2010年>
12月/1月号 (No.71)
10月/11月号 (No.70)
8月/9月号 (No.69)
6月/7月号 (No.68)
4月/5月号 (No.67)
2月/3月号 (No.66)
<2009年>
12月/1月号 (No.65)
10月/11月号 (No.64)
8月/9月号 (No.63)
6月/7月号 (No.62)
4月/5月号 (No.61)
<2008年>
12-3月合併号(No.59&60)
10月/11月号 (No.58)
8月/9月号 (No.57)
6月/7月号 (No.56)
4月/5月号 (No.55)
2月/3月号 (No.54)
<2007年>
12月/1月号 (No.53)
10月/11月号 (No.52)
8月/9月号 (No.51)
<2006年>
12月/1月号 (No.50)
10月/11月号 (No.49)
8月/9月号 (No.48)
6月/7月号 (No.47)
4月/5月号 (No.46)
2月/3月号 (No.45)
<2005年>
12月/1月号 (No.44)
10月/11月号 (No.43)
8月/9月号 (No.42)
6月/7月号 (No.41)
4月/5月号 (No.40)
2月/3月号 (No.39)
<2004年>
12月/1月号 (No.38)
10月/11月号 (No.37)
8月/9月号 (No.36)
6月/7月号 (No.35)
4月/5月号 (No.34)
2月/3月号 (No.33)

<2003年>
12月/1月号 (No.32)
10月/11月号 (No.31)
8月/9月号 (No.30)
6月/7月号 (No.29)
4月/5月号 (No.28)
2月/3月号 (No.27)
<2002年>
12月/1月号 (No.26)
10月/11月号 (No.25)
8月/9月号 (No.24)
6月/7月号 (No.23)
4月/5月号 (No.22)
2月/3月号 (No.21)
<2001年>
12月/1月号 (No.20)
10月/11月号 (No.19)
8月/9月号 (No.18)
6月/7月号 (No.17)
4月/5月号 (No.16)
No.1-No.15は印刷
された雑誌として
発行されました。

AIAA日本衛星通信フォーラムについてのお問合せは、下記メールアドレス宛お願い致します。



衛星通信フォーラム(JFSC)委員会構成 (2011/10/13総会承認)
衛星通信フォーラム(JFSC)委員会構成 (2015/07/14一部修正)

Top






SJRのホームページは、著作権のある著作物で構成されています。
本サイトに掲載されている、記事、写真、タイトルのロゴ等も含め、それらの著作権 はJFSC、著者、資料提供者に帰属しています。
権利者の許諾なく、私的使用の範囲を越えて複製したり、頒布等を行うことは法律で 固く禁じられています。